犬の病気・猫の病気・大切なペットと一緒に暮らすためのペットの情報サイト 「ウィズペティ倶楽部」 「犬でも食べられるバレンタインレシピ紹介!」

× 閉じる × 閉じる
HOME > 犬でも食べられるバレンタインレシピ紹介!

犬でも食べられるバレンタインレシピ紹介!

動物看護士
原京子
[記事公開日]  [最終更新日]
バレンタインにおすすめの、犬でも安心して食べられる手作りご飯の紹介。
[ 目次 ]
犬でも食べられるバレンタインレシピ紹介!
毎年2月14日は、大切な相手にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーです。
可愛い愛犬にもバレンタインプレゼントをしたい!という方も多いのではないでしょうか。
しかし、犬にチョコレートを与えることは絶対にいけません。
では、犬に安全なバレンタイン料理を作るには、どのようなポイントがあるのでしょう。
この記事では、犬におやつを作るポイントや、おすすめのバレンタインレシピを紹介します。

犬に手作りおやつを作るポイント

バレンタインといばチョコレートが有名ですが、チョコレートは少量であっても犬にとっては毒性があり、最悪命に関わる危険性があります。
チョコレートの代用品として多く使用されるココアも、主原料はチョコレートと同じですので絶対に与えてはいけません。
また、ケーキやクッキーなど、お菓子の材料として良く使用される小麦粉ですが、犬は小麦をアレルゲンとする体質の子が多いため、おすすめできません。
犬は雑食寄りの肉食動物ですので、おやつにはお肉や野菜、果物、穀物などを使用した料理がおすすめです。
しかし、お肉や野菜であっても与えてはいけない食材もあるため注意をして選ぶようにしてください。
(例:肉では生肉、野菜ではアボカド、果物ではぶどうなど)
与える際は、犬が食べても害のないものを使用することや、少量を与えることがポイントになります。

犬でも食べられるバレンタインレシピ紹介!

犬も食べられるバレンタインレシピ紹介

実際に愛犬にバレンタインを手作りする際、どのようなレシピがあるのでしょう。
ここでは、犬にも安全で美味しいバレンタインレシピを紹介します。
1.可愛いピンクケーキ
【材料】
・米粉:大さじ3
・ビーツ:中サイズ1個(乾燥ビーツでも可)
・完熟バナナ:2分の1個
・豆乳:50ml
・米油(ほかの油でも可):大さじ1
・いちご:2個
【作り方】
1.ビーツの皮をむき、5㎝ほどのイチョウ切りにする
2.1をフードドライヤー(50度)で12~14時間ドライする
3.2をフードプロセッサーで粉状にする
4.ビーツ、バナナ、豆乳をミキサーでトロトロになるまで混ぜる
5.ボウルに米粉と4を混ぜる
6.フライパンに油を敷き、薄く延ばして両面を焼く
7.ハートなど好きな型で抜く
8.いちごを薄く切りトッピングして完成

可愛らしいピンクのお菓子ですが、人口着色料は仕様ぜずビーツを使用しているため安心して食べさせることができます。
ビーツを生から調理することが難しい場合には、乾燥ビーツも販売されているので参考にしてみてください。
また、栄養価が高く甘いバナナや豆乳も入っているため、ヘルシーなおやつにピッタリです。
”Cpicon” 犬ちゃんバレンタイン・ピンクケーキ♪ by PRINCESSJP

2.犬用ブラウニーケーキ
【材料】
・米粉:100g
・オートミール:20g
・ベーキングパウダー:小さじ1
・オリーブオイル:小さじ2
・はちみつ:大さじ2
・キャロブパウダー:大さじ6
・スキムミルク:大さじ2
・水:120㏄
【作り方】
1.米粉をふるいでふるっておく
2.スキムミルク、はちみつ、オリーブオイル、水を混ぜる
3.キャロブパウダー、オートミール、ベーキングパウダーをさっくり混ぜ合わせる
4.2と3を混ぜ合わせる
5.フライパンにクッキングシートを敷き、生地を流し込む
6.アルミホイルをかぶせ、中火で約1分、弱火で約13分加熱した後、冷ます
7.冷めたらフライパンから取り出し、好きな型で抜いて完成

チョコやココアを使わなくても、本物のブラウニーのようにおしゃれなケーキです。
現在チョコやココアの代用品として注目されている豆の一種、キャロブが使用されています。
キャロブは毒性がなく、鉄分や食物繊維など豊富な栄養を含む食材として注目されています。
味付けを工夫すれば人間でも食べることができるため、一緒に楽しむこともできますね。
”Cpicon” 犬用バレンタイン 超簡単♪ブラウニー by ちょこたんママ

3:バレンタインワンバーグ
【材料】
・ラム肉(肩・切り落とし):185g
・さつまいも:2分の1本
・オリーブオイル:適量
・プチトマト:1~2個
・飾り用:ワサビ菜、パセリなど
【作り方】
1.圧力なべなどでさつまいもをふかす
2.ふかしたさつまいもを潰す
3.ラム肉は包丁で細かくし、さつまいもと混ぜよく捏ねる(肉:いも、2:1)
4.お肉をハート型に整え、オリーブオイルを敷いたフライパンで両面焼く
5.蓋をして中までしっかり火を通す
6.プチトマトをみじん切りにして、フライパンの開いている部分でソースになるまで焼く
7.お皿に盛り付けて完成

主原料がラム肉とさつまいもですので、愛犬にも優しい作りとなっています。
大好物なお肉と、低GIのさつまいもがたっぷり入っているので、愛犬の嗜好性も期待できます。
ラム肉にアレルギーのある場合は、チキンやターキーなどほかの種類の肉で代用して下さい。
また、生肉には寄生虫がいる場合があるため、しっかり火を通してから与えるようにしてください。
”Cpicon” 愛犬ごはん*バレンタインわんバーグ by 小梅ちゃんのママ

犬でも食べられるバレンタインレシピ紹介!

まとめ

犬は、私たち人間と異なる食性であるため、ご飯を手作りする際には、犬に合った食材選びや調理が必要です。
バレンタインに与えるチョコレートやココアは絶対に与えてはいけません。
できれば、普段のドッグフードの原材料に入っている材料で作ることが望ましいでしょう。
紹介したレシピは、犬にとって危険な材料や添加物の使用はないため、中毒などの心配はありません。
しかし、個体によってはアレルギー反応などが出る場合もあるため、少量を様子を見ながら与えるようにしてください。

犬でも食べられるバレンタインレシピ紹介!
ページ先頭